Re.その2ハハの悩み☆子どもと夏休み

元記事を読む
「ハハの悩み☆子どもと夏休み」

待ってましたよ?
Nさんからの便りです。



▼・・・ここから・・・▼



双子のハハのつぶやきです。

主人以外、誰も知らない
という土地に嫁いできて、

双子を授かった私は

出産して退院するとき
いきなり(笑)

ちっちゃくて
ふにゃふにゃの赤ん坊を
二人渡され、

心底途方にくれました。



それから
2歳になるぐらいまで、

忙しすぎたせいか
記憶が飛んでいます。

アパートに住んでいたので、

昼夜を問わず
交代で泣く双子が、

泣く時間を
なるべく少なくしなくては、

ピリピリしていました。



一歳を過ぎて
歩けるようになったら、

交通事故にだけは
合わせるものか!と

周囲になんと言われようと

リュックに紐がついたものを
背負わせ、

鵜飼のように!
外出していました。



とにかく、一日無事に

ゴハンを食べ
遊び
お風呂に入れて
一緒に寝て……

何事なく過ごす。

ただそれだけで精一杯。



しかし、子ども達は
のびのびぐんぐん
元気に育ちました!



今になって思うのですが

もし、この二人が
双子ではなく

時間差で生まれてきて、
もう少し私に余裕があったなら。

私は
「ねばならない」に縛られ、

子ども達に
色んな要求をしていた気がします。



そういう母親だと
神様はご存知で。

だから、
二人まとめて授けて
忙しくさせて

子どもが
のびのび育つことが出来るように

という、
神様のお取り計らいなのかな。



な~んて、

今は中3になった双子の、

進路問題に振り回される(笑)
ハハのつぶやきでした。



▲・・・ここまで・・・▲



わたしも
「鵜飼のハハ」仲間☆

「天使の背中ヒモ」の
愛用者でした〜。


画像の説明

shop.benesse.ne.jp

満員電車の中で

「ぷぷっ」

と吹き出されちゃった。



でも、
周りが何と言おうと

子どもを迷子にさせちゃならん!
交通事故にだけは合わせるものか!

なのですよ、ね。



〜〜〜〜〜〜
ハハは強し。
〜〜〜〜〜〜