問題児ってなにyo?

画像の説明

9月から半年ぶりに学校現場に戻りまして。

今度は教師ではなく、特別支援学級の支援員として。

男女合わせて12人の中学生に、2人の体育教師。

さらに、支援員の私で3人の大人がつくという
手厚い支援体制。

「いつも体育の先生は2人ついてくれるの?」

「うん。このクラスは問題児が多いから

「はっ?」

「あんた、問題児っていう意味わかってるの?」

「うん。ダメダメな生徒ってことでしょ」



かぁ〜〜っ

これは問題だ。




「何言っとるぅ?
 問題を起こす子を、問題児という。

 あんたたち、何も問題起こしてないじゃん」

「...うん」

「あなたたちは問題児じゃないよ」



彼はニコッと笑って、かけ足に戻っていった。



教育の原点は、特別支援教育にある。

これからも
学校現場が楽しみだな〜。